湯けむり美人女将麻美ゆまの癒しの温泉宿で濡れるお尻の穴

ws160908_061

湯けむり美人女将 癒しの温泉宿 麻美ゆま」より。

ますます円熟味が増してきた女優‘麻美ゆま’が今回演じるのは…艶やかな癒しの美人女将さん。「主人の思い出が詰まったこの旅館、私がきっと守ってみせます…」老舗の温泉宿を細腕で切り盛りする美しい若女将。着物を乱し、柔肌を朱色に染めて…激しく淫らに燃える欲情昇天!妖艶なセックス模様をどうぞお楽しみください。

湯けむり美人女将シリーズ」に麻美ゆまさんが登場です。

出演者:麻美ゆま
メーカー:エスワンナンバーワンスタイル

湯けむり美人女将 癒しの温泉宿 麻美ゆま

プロローグ

モノローグ:
私はこの温泉宿の若女将、ゆま。この温泉宿に嫁いですぐ私の夫は病気で亡くなった。その主人の母親であるこの旅館の女将も体調を崩して入院している。今、私はこの温泉宿を一人で切り盛りしている。

ws160908_004

組合長に脅されて~未亡人の悶絶FUCK~

男:
あなたもさ、若女将だなんていっているけど未亡人じゃないか。そんなにこの宿の為に頑張らなくてもいいんじゃないの。今時ね、こんな老舗宿は流行らないですよ。現に週末なのに、ずいぶん暇そうじゃないか。

ws160908_010

男:
今この地域に大きなリゾートホテルを建設する計画があるんだ。それにはここの土地がいる。更地にして大きな駐車場にしたいんですけど。

ゆま:
それは、以前からお話ししてますができません。

ws160908_011

男:
じゃあ、組合を抜けるという事でいいんですね。

ゆま:
それは・・・困ります。

男:
困りますよねぇ。組合の斡旋がなければ、さらにお客さんは減るでしょうし。若女将、今日はお客さんもいないようですから、もう少し・・・私とここでゆっくりしませんか。

ゆま:
どういう意味ですか?

男:
若女将、わかるよね?ガキじゃないんだから。

ws160908_014

男:
若女将、どうしてるんですか?あっちのほうは。

ゆま:
やめてください。

ws160908_016

男:
さびしいんでしょ?旦那さんが亡くなってから。

ゆま:
よして下さい。

男:
あなたも聞き分けのない人だなあ、どうするんですか?刃向かえばもっとお客さんは来なくなりますよ。

ゆま:
それは・・・。

男:
さ、準備して。

ws160908_017

男:
可愛がってやるよ。

ws160908_020

男:
ほら、伸ばして。

ws160908_021

ゆま:
いや!

ws160908_022

ゆま:
恥ずかしいわ。こんな格好イヤ!

ws160908_023

ws160908_025

男:
ほら、思い出してきたか?こういう事したかったんだろ。いいんだぞ。チンポの感触思い出してきただろ。

ゆま:
やめて・・・。

ws160908_027

ゆま:
お願い・・・やめて・・・。

ws160908_028

ws160908_029

男:
これはたまんないね。

ws160908_030

ws160908_032

ゆま:
見ないで下さい!

ws160908_033

男:
これはたまらん。しばらく鑑賞していていいか?

ゆま:
いやっあ!

ws160908_036

ws160908_037

ゆま:
恥ずかしいです・・・。

ws160908_038

ws160908_039

男:
綺麗だね~隠すなよ。

ws160908_047

ゆま:
ああっ!

ws160908_048

ws160908_049

男:
いい眺めだ~。

ws160908_050

ゆま:
やめて!やめて下さい・・・。

ws160908_053

ws160908_052

ゆま:
そんなところ、いけません!

ws160908_055

ws160908_056

ws160908_058

ws160908_059

男:
足開いて、よ~し。

ws160908_063

ws160908_064

ws160908_066

男:
もっと広げて、あ~良い格好だ。

ws160908_073

ws160908_074

ws160908_076

ws160908_077

ゆま:
あっ!

ws160908_079

ws160908_080

男:
あんたいい女だな、未亡人にしておくのはもったいないぜ。

ws160908_082

視姦された裸体~恥辱の強制イラマチオ~

ある日、訪れた亡き夫そっくりの客。昔を思い出し温泉に浸かりながらオナニーをしてしまうゆま。しかしその光景を番頭に見られてしまいます。

ゆま:
見てたんですか?

男:
隣掃除してたら、いやらしい声が聞こえたもんで。

ws160908_088

男:
私はいつも、あなたに慰めてもらいたいと思っていたんですよ!

ws160908_089

男:
じゃあ女将、お尻見せてください。

ws160908_092

男:
お尻突き出して。

ws160908_093

ws160908_094

ws160908_096

男:
すんごい綺麗ですよ。

ws160908_097

男:
どうしたんですか、ほら口開いて。

ws160908_099

ws160908_100

ws160908_101

夜這いされる若女将~童貞筆下ろしセックス~

お風呂場での出来事を覗いていた料理人のテツヤ。怒りのあまり番頭を殴って追い出した事を告白し、謝りながらその責任をとって辞めると言いだします。

ws160908_103

そして若女将への思いを打ち明け・・・

ws160908_106

童貞のテツヤのために筆下ろしをしてあげる若女将ゆま。

白足袋で童貞チンコを足コキ。
ゆま:
いつも自分でしてるの?

ws160908_108

ゆま:
いいのよ、恥ずかしがらなくて。

ws160908_110

ゆま:
ほら、いくよ~。

ws160908_111

ゆま:
刺さってるでしょお。

ws160908_116

ゆま:
すごい・・・奥まで!硬いのがすごい刺さる!

ws160908_117

ws160908_118

ゆま:
今度はテツヤくん、動いてみる?

ws160908_120

ws160908_123

ws160908_125

その他のシーン

亡き夫を想いながら~露天風呂オナニー~

ws160908_087

淫らに燃える男と女~貪り合う欲情性交~

ws160908_126

老舗の温泉宿を継ぐ事になった若女将麻美ゆまさんが孤軍奮闘しながら旅館を守っていく物語。組合長に辱められながらのSEX、若い料理人をやさしく筆下ろしなど様々なシチュエーションで楽しませてくれます。

この作品の頃は少し痩せすぎな感じもする体型ですが、着物の下から飛び出してくる綺麗なおっぱいと豊満尻は健在。和服の下のゴージャスボディは素晴らしい限り。それに加え、温泉宿という舞台もあってなんとも淫靡な雰囲気を醸し出しています。

実も話の作りもよく出来ていてドラマパートでも最後はちゃんとハッピーエンドにおさまるところが見所かも。

この作品を

DMMで動画を購入

湯けむり美人女将 癒しの温泉宿 麻美ゆま
湯けむり美人女将 癒しの温泉宿 麻美ゆま

AmazonでDVDを購入する

お尻フェチ特集

素人娘の尻とフェラチオ